膣の緩みが悩みなら手術を視野に入れておこう

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加
下を向く女性

悩みの解決策

膣縮小でお悩みの場合、他人に相談しづらく苦しんでおられる方も少なくは無いようです。現在は色々な治療方法が可能になっていますし、多数の方が治療を受けるようになっているので、思い切って見ては如何でしょうか。負担が軽い、痛みが少ないものも多数あります。

女性の悩みを改善する

女の人

ケア方法覚えよう

女性の多くが、出産を経験します。出産は大きな喜びですが、女性の身体に様々な負担もかかってしまいます。出産した後に、膣が緩んだ気がする、と感じている女性も多いでしょう。出産によって膣の筋肉が伸びて、戻らない事があるからです。膣の緩みはデリケートな問題のため、誰にも相談できず、コンプレックスに感じてしまう人も多くいます。しかし、膣は自分でケアし、縮小させる事ができるため、覚えておくと良いでしょう。どこでもできる簡単な方法は、おしりの穴を締める要領で、膣に力を入れて、きゅっと締め上げる方法です。これを何度か繰り返しましょう。また、骨盤底筋を鍛えるのも、膣を縮小させる効果があります。仰向けに寝て、両足を立て、腰をゆっくり持ち上げます。また、腰を持ち上げた状態で、足を左右に開くのも効果的です。毎日行えば、鍛える事ができるでしょう。

手術の必要性とは

出産や肥満、加齢など、様々な原因から膣は緩んでしまいます。多くの女性が悩んでいるため、美容クリニックでは、膣の縮小治療を導入しています。治療法はいくつかありますが、手術によって縮小させる、ヒアルロン酸注射、レーザー治療などかあります。手術の場合は、緩んでいる部分を引き締めて縫合するので、入り口を切開する必要があります。手術をする理由は、効果が高く、半永久的に効果を得ることができるからです。しかし、デリケートな部分を手術するのは怖い、という方も多いでしょう。そのような場合には、ヒアルロン酸注射やレーザーが利用されています。ヒアルロン酸注射は、切開する必要がなく、すぐに効果を実感できると評判です。膣の緩みに悩んでいたら、治療も視野に入れてみましょう。

ヒップ

女性の下半身の悩みに

膣の緩みをコンプレックスに感じているのなら、美容系のクリニックに訪れて、縮小手術を受けることをオススメします。夜の生活は一人ではなくパートナーとの二人の問題なので、膣縮小手術で円満な関係を目指しましょう。

顔を覆う人

最新の女性器治療

膣を縮小する外科手術は確実な効果を得られますが、費用が高くダウンタイムも長くなります。インティマレーザーを使った膣縮小術は、効果が早く現れ長続きすることや、痛みや出血が少なくダウンタイムが短いことがメリットです。