膣の緩みが悩みなら手術を視野に入れておこう

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

悩みの解決策

下を向く女性

治療してスッキリしよう

年齢を経たり、出産のためにも引き起こる膣縮小でお悩みの女性は少なくは有りません。膣縮小では膣を始め様々な部位に緩みが生じてしまい、色々なトラブルを引き起こしてしまうことがあります。尿もれや外観の悪化、パートナーとの行為時の問題などに繋がってしまい、不安になったり自信をなくす女性も多いようです。特にプライベートな問題でありますから、気軽に相談できない点も、お悩みの理由でしょう。ただ、多くの方が経験するトラブルでもあり、治療に関する指針も明確になっていますから、まずは、解決法について確認してみましょう。幾つかの選択肢が有りますので、自身で試せたり、思っていたよりも気軽に治療できる方法も見つかるかもしれません。

色々な治療が可能に

膣縮小を改善する為の方法としては、幾つか有りますので、それぞれの特徴について確認してみましょう。まず、一般的によく行われるのが膣トレと言う方法で、自宅でも気軽にできます。ただ、効果が現れないことも多いですので、やってみて合わなかったら別の手段を選びましょう。別の手段ではヒアルロン酸などを注入するものや、レーザー照射による治療法などがあり、これらは比較的、負担が少なく行えます。麻酔不要で痛みや出血も無い、或いは少ない膣縮小の治療法は多数開発されていますので、医師と相談しながら適したものを考えるのも良いでしょう。思い切って切開する場合にも、メスではなくレーザーで行う『LVR』と言う方法もあり、注目を集めています。